ワキガの原因となる常在菌を退治する方法

汗をかくと鼻を刺すような独特の苦いが特徴のわきが。

 

自分ではなかなか気づくことが難しいわきがですが、人に気づかれると恥ずかしいためできればそう気発見したいものですよね。男性女性問わず誰にでも起こりうるワキガですが、そのわきがになる原因の多くは、食生活の乱れや汗の発生するワキ周辺の衛生環境が大きく影響していると言われています。

 

今回は、わきがの原因を追究しご紹介していきたいとおもいます。

 

わきがの原因で多いのは、ワキ周辺の細菌が繁殖していることにあります。

 

人間の体から出る汗は基本的に無臭と言われています。しかし、体内から外へと出る際に空気中の細菌などと反応して特有の汗臭いにおいを発生させることもありますが、それ以上ににおいのきつい症状を生み出してしまうのがワキガです。ワキガの場合、わき周辺に潜んでいる常在菌と呼ばれる常に体に付着している菌が発生した汗に含まれている脂質や油分などを餌に繁殖しにおいを発生していると考えられます。

 

常在菌は、湿気の多いところや陰を好む傾向があるため、ワキなど普段から日に当たらない部位は非常に常在菌に好まれている場所と言えます。そのため、ワキを常に清潔に保つことで常在菌の繁殖を押さえることができ、結果としてワキガのにおいを抑制することができると考えられています。

 

では、実際にワキガの原因となる常在菌を退治する方法としておすすめしたいのが、銀イオンです。

 

銀イオンには殺菌、抗菌作用があると言われています。そのため、制汗剤をしようするよりも根本的に細菌をやっつけることの方がワキガ対策として有効性が高いと言えます。細菌を退治し、そのうえで汗の量をコントロールすることができれば、ワキガに悩むこともありません。細菌は常に繁殖しようとしているため、特に汗の書きやすい時期は、こまめに銀イオンの含んだナプキンなどを使用して除菌・抗菌を怠らないように心がけておくようにしましょう。