前立腺の病気になるとEDの症状が併発することも

私は、30歳の頃前立腺炎になりました。それに伴ってEDの症状が出てきました。

 

 

私が体験したED時の対処方法を紹介します。私が、EDになったの原因は前立腺炎とそれに伴うストレスから自律神経失調症からくるのもがありました。前立腺炎は前立腺が炎症している状態で頻尿になり、急性前立腺炎の場合は高熱が出てしまう事もあります。前立腺炎だけでなく前立腺の病気になるとそれに伴うストレスと併発するような形でEDの症状が出てくることもあります。

 

 

前立腺炎の中には慢性前立腺炎といい、炎症が慢性化してしまい常にそれに伴うストレスと戦っている人がいます。その中の一人が私です。前立腺炎がひどい時などはEDの症状もかなり深刻になります。まずは、医者から処方される薬を飲み炎症を抑えていくことで少しずつEDの症状が緩和されてくればいいのですが、すべてが薬で解決するわけではありません。

 

 

前立腺炎の人の中には自立神経失調症も併発している人もいるので、ストレスをうまく発散していくことも重要になっていくのです。ストレス発散で私がおすすめしたいのは、やはりスポーツです。あまりハードなスポーツは体を酷使ししてしまうので、オススメしませんが、散歩・ジョギング・簡単なキャッチボールなどはとてもストレス発散には適していると思います。

 

 

自分のペースで体を動かせるスポーツを行ってみてください。相手によって左右されるスポーツは逆にストレスと疲労をため込んでしまう可能性があります。自立神経失調症などでEDになっている場合はストレスをため込まない事が大切になりますので、特に注意してください。私の場合は頻尿により夜中に起きてしまうのがとてもストレスになりました。夜中起きてしまうので日中眠くなるのです。

 

 

仕事が手につかなくなってきました。前立腺炎の治療が遅くなってしまったので前立腺炎がある程度治ってからもストレスから自律神経失調症になってしまったので、それに伴ってEDの症状が中々治りませんでした。EDになる原因は多くあります。最終的にストレスが原因になることが多くあるようなので、うまくストレスを発散させ、ストレスをため込まず自分を追い詰めず精神を安定させてみてください。